インテリアライフスタイル展 で見つけた、素敵なケットの話です。

あの日、そのブースは凄く人気で続々と人が集まり、連なり、なかなか話ができず小一時間ばかり周りをウロウロしていました。

帰りの飛行機の時間が迫ってきたので、申し訳なかったですが先にされていた商談に半ば強引に割り込み、正直に「もう帰らないかん時間が迫っとうけん、すいませんが話をさせてください」と、ここは敢えて博多弁で告げました。

話を聞くと、山梨の麻専門の織り元さんで、当然ですが麻の知識に精通されて素晴らしい品質でした。そして、それからデザインが素晴らしい! 元々、アパレルやインテリア製品も作っているので、寝具業界にはないデザインの視点があるのでしょう。

触ると、今までの麻のイメージを覆すやわらかさに驚きました。麻独特のシャリ感もありつつ、凄くやわらかいのです。

意外と多い、タオルケットが苦手な方には麻のケット。

タオルケットは熱が籠ってベタつくからイヤだ。そういう方が意外と多いのです。重いし、洗っても乾きにくい、まとわりつくのでイヤだ。特に最近、日本の夏は暑いから、夏の寝具を見直す方が増えています。麻の寝具は、そんな方にぴったりですよ。


2018-07-07 | Posted in 涼感寝具No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。