カオリノキオク アロマワークショップ講師 團涼子先生のコラム

当店でいつもアロマ講座をして頂いてる團先生がコラムを書いてくださることになりました!
カオリノキオク 香りは、見たもの、聞いたものよりも記憶に残るそうですよ。

カオリノキオク

はじめまして!2月からよくねる寝具店さんでマンスリーアロマ講座を開催させて頂いているアロマセラピストの團涼子です。今月からアロマミニコラムを書かせて頂くことになりました。アロマセラピーに関すること、日々の徒然など、思いのままに書かせて頂こうと思います。

アロマセラピーの仕事を始め、約20年になりました。早いものです。私がこの仕事を始めるきっかけになったのは、20代後半のタイ語学留学がきっかけでした。卒業旅行で初めてタイに行って以来、タイの混沌とした魅力に魅せられ、福岡でもタイ語の勉強をしていたのですが、留学資金も貯まり、仕事も色々と区切りであり、1年の予定でタイに行きました。

若かったので、当時は何も考えず、ただどうにかして語学習得をしたいと思い、「好きな織物の勉強でもしながら語学の勉強をやってみようか」などと実にお気楽な考えで、プランもなく現地に行きました。

最終的に、友人から紹介された、当時厳しい事で有名であった語学学校に入学することにしたのですが、すぐには入学出来ず、ひと月ほど待つ事となりました。そこで以前から気になっていた、涅槃像で有名な「ワット・ポー」というお寺の中にある、タイマッサージの学校に通うことにしました。この時に取得したタイマッサージの資格が、後々私をアロマの道へと導きました。

日本に戻る直前に、友人にタイマッサージの資格を取ったことを手紙に書いて送っていました。まだタイマッサージは日本でも珍しく、その友人が、「せっかくマッサージの資格を取ったのなら、アロマのお店をつくっている方がいるから面接に行ってみたら」と勧めてくれたのです。そして、運良く採用になり、そのアロマサロンが精神科の病院と提携していたことで、医療現場でアロマセラピーに携わる機会を得たわけです

始めのうちは、私のようなものが病院で働いて良いのかと、緊張と戸惑いがありました。しかし、そこでの患者さんとの関わりで、私は改めてアロマセラピーの素晴らしさを実感しました。今思い出しても、感動の日々でした。表情のなかった患者さんの顔に、40分のトリートメントの後に表情のかけらが見えた時、大きな喜びと共に人間の本来の生命の力を垣間見たように思いました。そこから、私のアロマセラピー人生は始まりました。

アロマセラピーは香りだけのものではありません。実は非常に科学的なのです。鼻から吸収された精油(エッセンシャルオイル)成分は、記憶を司る脳の海馬や、感情をコントロールする扁桃体(へんとうたい)に作用し、自律神経の働きを整えます。また、皮膚から吸収された精油の薬理作用は血液中に浸透し、体内をめぐります。そういったことで、身体への働きかけがあるのです。私自身、この20年間アロマセラピーの力に助けられてきました。

講座の中では、そういったお話しをさせて頂いています。何か、皆さんの人生のヒントになって頂ければ嬉しいです。現代社会は情報社会であり、迷いやすく不安も多いです。しかし、50年後、この地球上にいる人々はほとんどがもういないのです。そう思うとわずかな人生の中で、日々を豊かに暮らすことの意義が一入に感じられます。アロマセラピーには、それを支える力があると、私は信じています。

團涼子(だんりょうこ)

ガリンぺイロ・デ・アロマ主宰・オーストラリア政府認定DiplomaofAromatherapy1999年より福岡の精神科の病院・ホスピス・健康関連施設でアロマセラピストとして活動。

2005年タイへ拠点を移し、アロマインストラクター・アロマコラムニスト・FMラジオアロマリポーター・スパのアロマ空間アドバイザーとして活動。また、在タイ日本国大使館のメンタルヘルスケアグループ会議にも参加。2012年からオーストラリ1アへ渡り、セラピー教育に定評のあるNatureCareCollegeにて現地のアロマテラピーを学ぶ。現在は日本を拠点に活動中。

次回ワークショップのご案内
「アロマヘアーケアグッズ」~ もう一度豊かな黒髪へ ~
ヘアーローションとヘッドトリートメントオイルをつくります。
8月29日(火)14:00~16:00
会場:よくねる寝具店 お申込みは電話 092-519-0912

2017-08-17 | Posted in イベント情報No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。