ベビー布団


国立大学病院のお医者さまに認められた、「あかちゃんがぐっすり眠れる」ベビー布団

生まれてくる赤ちゃんは1日のうち2/3程をベビー布団の上で過ごします。だから、ベビー布団は安心して寝かせられるものを選びたいですよね。よくねる寝具店では、価格の安さだけを訴求するのではなく、販売する私たち自身が信頼できる寝具だけを提案致します。

 

baby01

よくねるベビー布団は、どうしてお医者さんに認められたの?その理由とは?

1日24時間のうち18時間も眠ると言われる新生児。心地よい布団で眠るのか、そうでないなのか。それは赤ちゃんにとって大きな問題。心地よくぐっすり眠れるベビー布団を選んであげることが大切です。

 

①蒸れなくサラサラなことが重要

大人でもそうですが、湿気がこもってジメジメしたお布団は気持ち悪いですよね。蒸し暑い夜になかなか眠れないのは苦しいです。熱をため込みやすい赤ちゃんならなおさらです。よくねるのベビー布団は、通気性が高い構造や吸湿性の高い素材を使い、サラサラで心地よく眠れます。

 

②肌にやさしい素材なので、お子様を安心して寝かせられます。

小さな子の肌はデリケート。直接肌に触れるお布団は、肌にやさしい素材を選んであげたいですよね。よくねるのベビー布団は、オーガニックコットンや無添加素材、医療用の素材などを使っているので、安心してお使い頂けます。

baby04

③国立大学病院にも採用されています。

よくねるベビー布団は、国立大学病院でも採用されています。入院患者の睡眠環境改善を願う医師により採用されました。小児科やNICU、心臓外科などでお使い頂いています。医師と共同開発した「よくねるプレミアム敷布団」も誕生しました。

baby03

 

④意外と見落としがちな、良いベビー布団の条件は?

・掛け布団の軽さ

掛け布団が重たいと、それだけで赤ちゃんは苦しいもの。軽くて暖かい羽毛布団は、ベストな選択です。

・体が沈み込みすぎない敷布団

体が沈み込みすぎてしまうと、敷布団に埋もれてしまうような状態になってしまい、密着して体温が上がりやすくなります。また、沈み込みにより体が曲がり正しい寝姿勢がとれなくなります。敷布団には適度な硬さと通気性や吸湿性が必要です。

・洗えることも重要です。

よだれ、おしっこ、汗。赤ちゃんのお布団は汚れやすいものです。それでも清潔に保ちたいのはママの思いです。だから、よくねるベビー布団は、全アイテム洗えるようにしました。毎日、きれいに安心してお使い頂けます。

 

⑤わが子のために作ったベビー布団

・独自開発のオリジナルベビー布団

生まれてくるわが子のために、最高のベビー布団を作ろう!と考えて作ったのが、よくねるベビー布団。医師や素材の専門家と何度も話をして作り上げましたので、安心してお子様を寝かせられます。

・赤ちゃんとおとなの睡眠は違う

赤ちゃんはおとなに比べ体温のコントロールが苦手です。だから寝具には、おとな以上に通気性や吸湿性の高さが求められます。お布団の中の温度や湿度が快適になることで、心地よくぐっすり眠れます。

 

⑥大手メーカーより低価格で販売

寝具製造工場にてオリジナル寝具を作ってもらっているので、流通コストを大幅にカット。大手メーカーに比べ低価格で販売できます。

 

ベビー布団のインターネット通販はこちら
www.yokunel.jp

 

店舗の紹介

福岡ドームの最寄り駅 地下鉄「唐人町」の唐人町商店街のアーケード内に店舗がございます。店舗では、赤ちゃん用の寝具の他、快適に眠るためのおとな用寝具の取り扱いもございます。

すこし片寄った品揃えですが、野球観戦やコンサートで「唐人町」にお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。

ADDRESS :
〒810-0063福岡市中央区唐人町1-8-2
TEL+FAX 092-519-0912
Open 10:00~19:00
日曜・祝日定休 年末年始・お盆